講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

当協会会長からのご挨拶を掲載しています。

会長挨拶

 経済憲法といわれる独占禁止法をはじめ下請法、景品表示法は、ビジネス社会におけるルールを定めたものです。ルールを知らないで事業活動を行うことは許されません。

 事業活動をしていく上での基本ルールを定めた独占禁止法は、会社の規模や業種のいかんを問わずビジネスを行うものすべてに適用される法律ですから、その内容を正確に理解し行動することが必要です。法律に違反すれば厳しい制裁を受けることになり、時にはコンプライアンスの欠如が企業の存続を危うくすることにもなりかねません。ますます運用が強化されている下請法及び景品表示法についても同様のことがいえます。

 経済のグローバル化など経済環境が大きく変容している今日、独占禁止法等に関するガイドラインや具体的な法執行も変化しており、これに即応する必要性が高くなってきております。このようにビジネス環境も大きく変化している今こそ独占禁止法等で定められているルール「公正で自由な競争」の確保が企業の発展、日本経済の活力にとっても大切であり、また、より実効性のあるコンプライアンス体制の構築が企業にとって重要であります。

 公正取引協会は、昭和25年に設立された公益法人で、会員の方々が独占禁止法をはじめ下請法及び景品表示法をより深くご理解いただけるよう半世紀以上にわたってさまざまな活動を行ってきました。
 月刊誌「公正取引(競争の法と政策)」の刊行をはじめ、公正取引委員会及び消費者庁の施策についての情報提供、独占禁止法・下請法・景品表示法についての相談、講演会の開催、企業の独占禁止法・下請法遵守マニュアル作成にかかわる協力、そして公正で自由な競争に関する調査研究などの事業を行っています。

 公正取引協会には、どなたでも、いつからでも、入会できます。
 すでに、多数の業界の会社や団体、学者や弁護士の方々が会員となって、公正取引協会の活動を支えていただいております。
 皆さまのご入会を心からお待ちしています。

公益財団法人 公正取引協会
  会長 山 田 昭 雄

ページのトップへ戻る