講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

平成22年度の独占禁止法違反事件処理状況[2011/6/1]

 公正取引委員会は,平成22年度における独占禁止法違反事件の処理状況を公表した。法的措置を採った違反事件は12件で,その内訳は入札談合4件,価格カルテル6件,不公正な取引方法2件であった。課徴金は,延べ143名の事業者に対して,総額362億8787万円の課徴金納付命令を行った。また,旧法に基づく審判手続を経たものとして,延べ13名の事業者に対し,総額357億9919万円の課徴金の納付を命ずる審決を行った。この結果,平成22年度における課徴金額は,延べ156事業者に対して,過去最高額の720億8706万円となった。
 課徴金減免制度については131件の報告等があり,入札談合・価格カルテル事件7件における延べ10名の申請事業者が公表された。
別紙
概要
ポイント


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/pressrelease/11.june/110601hontai.pdf

ページのトップへ戻る