講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

消費税転嫁対策特別措置法のガイドラインの公表[2013/9/10]

 平成25年10月1日から施行される消費税転嫁対策特別措置法の円滑な施行に向けて,法運用の透明性の確保や事業者の予見可能性を高めること等を目的として,公正取引委員会,消費者庁及び財務省は,同法のガイドラインを策定することとし,同年7月25日にガイドライン(原案)を公表し,同年8月23日を期限として,関係各方面から広く意見を求め,今回の意見募集では関係各方面から多くの意見が寄せられ,担当省庁において提出された意見について慎重に検討した。
 その結果,「消費税の転嫁を阻害する行為等に関する消費税転嫁対策特別措置法,独占禁止法及び下請法上の考え方(案)」,「消費税の転嫁を阻害する表示に関する考え方(案)」及び「総額表示義務に関する特例の適用を受けるために必要となる誤認防止措置に関する考え方(案)」については一部を修正した上で,また,「総額表示義務に関する消費税法の特例に係る不当景品類及び不当表示防止法の適用除外についての考え方(案)」については原案どおり,ガイドラインを公表することとした。


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h25/sep/tenkaGLkouhyou.html

ページのトップへ戻る