講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

テレビ番組制作の取引に関する実態調査報告書[2015/7/29]

 公正取引委員会は,独占禁止法上の優越的地位の濫用規制及び下請法に基づき,事業者に不当に不利益を与える行為に対して厳正に対処するとともに,違反行為の未然防止に係る取組を行い,また,この未然防止の取組の一環として,公正取引委員会は,優越的地位の濫用規制上又は下請法上問題となり得る事例が見受けられる取引分野について,従前から取引の実態を把握するための調査を実施している。
 テレビ番組制作の取引については,近年,世界的金融危機やインターネット広告の成長などの影響によりテレビ局の広告収入が減少し,制作予算が削減されるなど,テレビ番組制作会社が厳しい取引環境に置かれているといわれている。
 このような実情を踏まえ,公正取引委員会は,今般,テレビ番組制作の取引において,優越的地位の濫用規制上又は下請法上問題となり得る行為が行われていないかについて,実態調査を実施することとした。


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h27/jul/150729.html

ページのトップへ戻る