講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

競争政策研究センター共同研究「医薬品市場における競争と研究開発インセンティブ―ジェネリック医薬品の参入が市場に与えた影響の検証を通じて―」報告書[2015/10/7]

 公正取引委員会事務総局競争政策研究センターは,今般,共同研究「医薬品市場における競争と研究開発インセンティブ―ジェネリック医薬品の参入が市場に与えた影響の検証を通じて―」の報告書を取りまとめた。
 本報告書では,ジェネリック医薬品をめぐり,欧米では,先発医薬品メーカーがジェネリック医薬品メーカーに対して,販売時期を遅延させるために金銭を支払う競争回避行為(カルテル)がみられることを指摘した。その上で,我が国においても,今後,ジェネリック医薬品のシェア上昇に伴い,欧米同様の競争回避行為を行うインセンティブが高まるため,公正取引委員会はモニタリングを強化すべきであると提言している。


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h27/oct/151007.html

ページのトップへ戻る