講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

平成27年度における下請法の運用状況及び企業間取引の公正化への取組[2016/6/1]

 公正取引委員会は,平成27年度の下請法の運用状況を公表した。
平成27年度の勧告件数は4件で,違反行為類型の内訳は,下請代金の減額が3件,下請代金の減額及び返品が1件であった。
 また,指導件数は5,980件で,これは,昭和31年の下請法施行以降,過去最多となった。
 平成27年度の親事業者からの違反行為の自発的な申出は52件あり,このうち2件については,違反行為の内容が下請事業者に与える不利益が大きいなど勧告に相当するような事案であった。
 なお,勧告に相当するような事案に対して上記のような取扱いを行った件数は,これまで9件であった。


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h28/jun/160601_1.html

ページのトップへ戻る