講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

キヤノン(株)による東芝メディカルシステムズ(株)の株式取得[2016/6/30]

 公正取引委員会は,キヤノン(株)による東芝メディカルシステムズ(株)の株式取得について,キヤノンから計画届出書の提出を受け,審査を行ってきたところ,本件企業結合は,一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならないと認められたので,キヤノンに対し,排除措置命令を行わない旨の通知を行い,本件審査を終了した。
しかしながら,キヤノン(株)は届出の前に,東芝メディカルシステムズ(株)の普通株式を目的とする新株予約権等を取得し,その対価として,実質的には普通株式の対価に相当する額を(株)東芝に支払うとともに,キヤノン(株)が新株予約権を行使するまでの間,キヤノン(株)及び(株)東芝以外の第三者が東芝メディカルの議決権付株式を保有することとなった。
 これら一連の行為は,独占禁止法に基づく企業結合審査において承認を得ることを条件として最終的にキヤノン(株)が東芝メディカルシステムズ(株)の株式を取得することとなることを前提としたスキームの一部を構成し,上記第三者を通じてキヤノン(株)と東芝メディカルシステムズ(株)との間に一定の結合関係が形成されるおそれを生じさせるものであるため、これら一連の行為が,キヤノン(株)が当委員会への届出を行う前になされたことは事前届出制度の趣旨を逸脱し,独占禁止法に違反する行為につながるおそれがあることから,今後,このような行為を行わないよう,キヤノン(株)に対して注意を行うとともに,上記スキームの実行に関与していた東芝に対して,今後,事前届出制度の趣旨を逸脱するような行為に関与することのないよう申入れを行った。


[参考URL]

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h28/jun/160630_2.html

ページのトップへ戻る