講師派遣申込書籍購入申込

当協会の概要を記載しています。

(株)シニアに対する景品表示法に基づく措置命令[2014/1/28]

 消費者庁は,(株)シニアに対して,景品表示法に違反(有利誤認)するとして措置命令を行った。
 同社が供給する家庭教師派遣に係る役務の表示について、自社ウェブサイトにおいて、「小学生の方の指導料金」、「シニアだけのシンプル&安心明瞭な料金(振込制)」、「費用関連の重要事項のご説明」、「1 登録料・運営費 等」、「当社の場合、登録料、保証金、預り金、管理費、維持費、サポート費、カリキュラム費、運営費、年会費、解約金、違約金等は、一切かかりません。」等と記載することにより、あたかも、対象役務について、毎月の「指導料金」と称する費用以外に一切の費用を支払う必要なく、対象役務の提供を受けることができるかのように表示していたが、実際には、対象役務の提供を受けるためには、毎月の「指導料金」と称する費用の支払が必要であるほか、21,000円の「入会金」と称する費用を負担することが必要となるものであった。
 なお、本件は公正取引委員会(公正取引委員会事務総局北海道事務所)による調査の結果を踏まえ、措置命令を行ったものである。


[参考URL]

http://www.caa.go.jp/representation/pdf/140128premiums_1.pdf

ページのトップへ戻る