講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

[2020/10/21]

米国司法省は20日、IT大手のグーグルがネット検索サービスやデジタル広告分野における支配的地位を濫用し、携帯電話メーカー等との間で、競合他社の検索サービスのプレインストールを禁じる契約を結んでいたことが反トラスト法に違反するとして、11州の司法長官と共同して、競争を回復するため「構造的な措置」をとるよう求める訴訟をコロンビア特別区連邦地裁に提起したことを明らかにした。提訴を受けて、グーグルは自社のウェブサイトで、司法省の主張には重大な欠陥があり、消費者は自ら選択して自社のサービスを利用しているなどと反論している。

ページのトップへ戻る