講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

株式会社エネルギア・コミュニケーションズに対する景品表示法に基づく措置命令について[2017/3/24]

 株式会社エネルギア・コミュニケーションズは、自らが供給する「メガ・エッグ 光ネット[ホーム]」又は「メガ・エッグ for BB東広島[ホーム]」と称する戸建住宅向け光回線インターネット接続サービスに「ギガ王」と称する複数年にまたがる契約に伴う割引(以下「複数年割引」という。)を適用した役務(以下「メガ・エッグ光ネットホーム」という。)及び「メガ・エッグ 光ネット[マンション]」又は「メガ・エッグ for BB東広島[マンション]」と称する集合住宅向け光回線インターネット接続サービスに「ギガ王」又は「メガ王」と称する複数年割引を適用した役務の取引について、自社ウェブサイトにおいて、例えば、メガ・エッグ光ネットホームについて、平成27年2月1日から同年5月31日までの間、「期間限定 今カラ割+今カラ割プラス 今がチャンス キャンペーン期間:平成27年2月1日(日)〜平成27年5月31日(日) 月々最大800円割引 ギガ王 3年契約(ファミリーコース)の場合」等と記載することにより、あたかも、当該期間内において新規にメガ・エッグ光ネットホームの提供を申し込んだ場合に限り、2年間にわたり毎月最大で800円の割引が適用されるかのような表示を行っていた。
 実際には、平成27年2月1日から平成28年9月30日までの期間において、新規にメガ・エッグ光ネットホームの提供を申し込んだ場合に、2年間にわたり毎月最大で800円の割引を実施していた。


[参考URL]

https://www.koutori-kyokai.or.jp/caapaper/2017/20170324.pdf

ページのトップへ戻る