講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

[2021/10/6]

公正取引委員会は5日、中部地方における大規模施設向けの特別高圧電力や中小ビル向け高圧電力の販売、また都市ガスの大口向け契約を巡って受注調整を行っていたとして、中部電力及び関連会社の中部電力ミライズ並びに東邦ガスの3社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査した。なお、公取委は本年4月にも、同地方における一般家庭向け低圧電力と都市ガスの料金を巡って価格カルテルを結んでいたとして前記3社に立ち入り検査を行っている。

ページのトップへ戻る