講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

[2021/10/9]

中国の競争当局である国家市場監督管理総局(SAMR)は8日、フードデリバリーサービス大手の美団が、デリバリー市場における支配的地位を濫用し、自社のプラットフォームに加盟する飲食店に対して競合他社と取引しないよう強要したり、不当に協力金を徴収するなどしていたとして、同社に対し、反壟断法(独占禁止法)違反で違法行為の停止及び34億4200万人民元(約585億円)の制裁金支払いのほか、加盟店から徴収した協力金12億8900万人民元(約219億円)の返還を命じたことを明らかにした。

ページのトップへ戻る