本文へ移動

協会トピック

白石忠志教授の独禁法事例研究のご案内
2022-12-20
 本ゼミナールでは,第4回までで独禁法の基本的な講義を行い(毎回,講義と事例研究1件の組み合わせ),第5回以後はさらに毎回おおむね2件ずつの事例研究を行います。
 事例研究は,なるべく最新事例を取り上げられるよう,随時フレキシブルに課題を決定します。適切な最新事例が出ない場合は,過去の事例を交えることもあります。
 事例研究は,次の段取りで進行します。
①白石先生が事案と論点を簡単に紹介(20分程度)
②コメンテータ役(受講者3名)を中心に疑問点等を提起(各5分程度)
③白石先生の解説を交えながら自由討論(20分程度)
(a)独禁法に取り組み始めたばかりの方でも,取り上げる事例が独禁法体系のどの部分に位置づけられるのかが分かるように留意し,同時に,(b)独禁法に習熟している方にとっては,取り上げる事例がどのような意味を持つのかを考えるきっかけ作りにしていただきたいと考えています。
 素朴な疑問でも,高度な指摘でも,積極的に提起してくださる意欲的な方でしたら大歓迎です。

お申込みフォームは こちら
TOPへ戻る